キャリアオイル

アロマの現場から

今回は香りをお休みして、トリートメントで使っている「キャリアオイル」についてのお話です。

アロマトリートメントでは、香りのオイル(精油)をそのままお肌には使いません。アロマテラピー用に作られた植物油に必ず希釈して使います。

精油をお肌に浸透させ、血液循環に乗るまでをこの植物オイルが助けてくれます。

精油を運ぶ=CARRY=運ぶ からキャリアオイル。

そしてキャリアオイル自身も、ビタミン類や脂肪酸など栄養豊富です。例えばお客様で、香りが苦手だけど、オイルトリートメントが受けたいとか、その時のお肌のコンディションで精油を使用しない方がよい場合に、このキャリアオイルのみでトリートメントすることもあります。

また以前入院中の方に、香りは他の患者さんもいたので、加えず足や手のマッサージに使って喜ばれたこともありました。

お店では基本のキャリアオイルとして、スイートアーモンドオイルを使っています。いつの時代でも人気があり、ベビーマッサージにも使われるくらい、おはだにはやさしい、刺激のないオイルです。

浸透力はややゆっくりですが、病後の回復期など体が弱っている時は少し早めに浸透、吸収されていく感じです。肌質は選びませんが、特に炎症を起こしている、乾燥している、肌が固くなっている、という時に助けてくれます。

トリートメント時の希釈濃度は1%以下と決めています。沢山のお客様に接してきて、この濃度が最もトラブルのない安全なもののように思います。

1%濃度というのは、キャリアオイル10mlに対して、精油は1~2滴まで。30ml(ボディ用として)には、精油6滴まで。

キャリアオイルはアロマテラピー用に作られたもので、食用油とは精製の仕方が違い、お肌への浸透性が高いですので、スキンケア・ボディトリートメントには是非アロマテラピー用キャリアオイルを使ってくださいね。

今日もワクワクのアロマ日和に!

Yuka



https://private-mirai.net

美容室・セラピスト求人(ブランクOK!/未経験可)

https://peraichi.com/landing_pages/view/mirairecruit

国分寺【Head Spa & Private mirai】

東京、国分寺駅南口徒歩1分の「ドライヘッドスパ」サロン ドライヘッドスパの他、アロマトリートメント、自爪保護ネイル、個室美容室等、お客様が美容を通してより素敵な人生を送っていただけるようスタッフ一同取り組んでおります。

0コメント

  • 1000 / 1000